わだ家について わだ家について

  1. トップ
  2. お菜屋 わだ家

まるでわが家に帰ってホッとできるような“まごころ”を提供する店。
これがわだ家のコンセプトです。

和田アキ子

「我が家」のように、おくつろぎください。

夜遅くに仕事が終わって、少しお腹が空いて何か食べに行こうと思うと、だいたい焼肉か、お寿司か中華になるんですけど、おいしいごはんとお魚とか、和食系のものが食べたくなる事が多いんです。でもそんなお店は、残念ながら結構早い時間に閉まってしまうんです。だったら、そんなお店を自分で作ってみようかと…

私もおかげさまで芸能生活 40 周年を迎え、ファンの方々や芸能関係者など、何か還元できればと考えていましたので、今までの感謝の気持ちも踏まえ、朝までお客様を暖かくお迎えできる和食のお店を開業させていただく事となりました。
お店の名前も「わが家」のように寛げるように、「わだ家」と名づけました。

食材につきましても、安心できるもの、身体にやさしいもの、新鮮なものを充分吟味し、全国から仕入れさせていただいております。

「有名人のお店だから繁盛する」という言葉はもはや伝説です。
本当にいい素材を美味しく、そして真心と一緒に落ち着ける空間でご提供する。
「わだ家」はそんなお店にして行きたいと思っています。

2007.4.11
和田アキ子

我が家のような空間で、ごゆっくりとお寛ぎください。

エントランス

まるで我が家のような空間を。

内装は「和」がテーマで、素材として「水・土・石」を取り入れることで、日本の伝統と文化を再現しております。

カウンター席

お客様と料理人が、直接会話できる空間を。

わだ家のカウンター席は料理人がお客様を近くに感じることができるよう、オープンキッチン・スタイルにしております。お客様にとっても、ひとつひとつのお料理が作り上げていく過程を垣間見ることができます。

単に料理を提供するだけでなく、温もりある空間を作り上げています。

わだ家が“豚しゃぶ”にこだわる理由

豚のしゃぶしゃぶ

それは、栄養価が高くてヘルシーな食材だから。

わだ家が豚しゃぶにとことんこだわるのは、上質な豚肉には、血中コレステロールを下げる効果があるとされる必須脂肪酸のひとつ「α-リノレン酸」や「ビタミンB1」などを多く含み栄養価が高く、しかもヘルシーな食材だからです。

しゃぶしゃぶで使用する豚肉は、肉(赤身)と脂質(白身)のほどよい調和がとれたブランド豚を数種類ご提供いたしております。

豚のしゃぶしゃぶ

新鮮な白葱・水菜とご一緒にどうぞ。

わだ家のしゃぶしゃぶは、昆布とカツオの合わせだしをベースに、薄口醤油で味付けしたスープでお楽しみいただきます。牛の油かすを使った、ふんわり甘めの出汁が豚肉の奥深い味を引き立てます。たっぷりの白葱と水菜を入れて美味しさを堪能してください。

そのまま召し上がっていただけるほか、3種の薬味(七味/柚子胡椒/薬念醤)とともに多彩な味わいをお楽しみいただけます。

またしゃぶしゃぶをお召し上がりいただいた後には「〆のおうどん」をご用意いたしております。しゃぶしゃぶ出汁の「おうどん」をぜひご賞味ください。

オリジナリティあふれるお料理も

せっかく良い食材を使用しても、味のベース・調理技術の確立なしでは「美味しさ」を引き出すことはできません。
わだ家では各店舗に「こだわりの料理職人」が料理をディレクション。
もちろん、和田アキ子本人の特徴を活かしたメニューも取り揃えております。

わらじコロッケ

本人の手のひらサイズ「わらじコロッケ」

和田アキ子本人の手のひらサイズ(18.6cm)もある、ボリューム満点のコロッケ。

大きさもさることながら、その特徴は、香ばしい黒豆。
具材にはコレステロールを抑制する「不飽和脂肪酸」や、更年期障害・骨粗鬆症・がん・ 美容に効果のある「イソフラボン」など、栄養価の高い黒豆を使用することで、健康面にも気にかけた一品です。

こだわり冷アッコ

こだわり冷アッコ

冷やっこならぬ「冷アッコ」。
これは、和田アキ子本人に料理を出す際、緊張のあまり手が震えてしまう様子を表現したオリジナルのお皿にご注目。

豆腐には「特製だし」を使うことでマイルドな口当たりを実現しています。

お召し上がりいただく直前に、削りたての「かつお節」をお持ちいたしますので、風味豊かに香るかつお節と一緒にご賞味ください。